立て看板のないきれいな大学になれてしまった

世間をお騒がせしながら(したのか?)大学から立て看板が撤去された。

www.asahi.com

そして現在、ぶっちゃけ、大学の周りがきれいになった。*1

 

正直な話、私は立て看板を立てたことも撤去したこともなく、特別な思い入れがあるかないかと言われればまぁないほうである。というか立て看板、撤去されるまでその存在を自明のものとして受け取っていたので、「そうか、そんなにじゃまなもんだったんか……」と改めて大学という場所をめぐる政治性に思いを馳せる、くらいの行動しかとっていない。

(というわけでここでも立て看板撤去問題についてあーだこーだ論じることはない。そういう話を期待している方は回れ右でお願い致します)

しかし今日になって気がついたことがある。

 

あ、わたし、立て看板のない大学、ふつうに、慣れてるわ。

 

 

サークルの宣伝や大学でのイベントから政治的なメッセージに至るまで、様々な主義主張を載せていた大学の立て看板。

基本的に春の新歓時期には、キャンパスを囲むようにところせましと並んでいる。春が過ぎても、そこに雑草が生えているのと同じような割合で、「ふつうに道にあるもの」として立て看板はあった。

他大学の友達が遊びに来たとき、大学への批判を書いた立て看板を見て「え、こんなんあるのこわい」と笑っていた時にはじめて、「そうか、これはうちの大学特有のものなのか、まぁそらそうか」と認識した思い出がある。

だから、「立て看板撤去」と聞いた時、「へー、なんか風情がないなー」くらいしか思わなかった。

 

しかし今になって思い出すことがある。

高校生の時、母と一緒にはじめて京大に来た。その際、母が言った。

「なんか京大ってもっとビラとか散らばってて、めちゃくちゃ汚いイメージあったけど、きれいになったねぇ」

たしかにはじめて訪れた大学のキャンパスに、汚いイメージはなかった。

 

今思い返すと、きっとその汚いビラや看板は、時代とともに減っていった――というよりも、減らされていったんだろうな、と、思う。

 

 

清潔さは統制の中にある。街や場所がきれいになればなるほど、いろんな規則は増えるし自由は減ってゆく。

私はそれがいいことなのかわるいことなのか分からなくて、たまに、混乱する。

きれいなものうつくしいもの清潔なものがみんな好きで、私もまぁ好きで、それでいいんだけど、ならばそこからはみでるなにかはどこへ行くのか、と思う。

「きれいなもの」に慣れると、「きれいじゃないもの」をゆるせなくなる。

「立て看板くらいあってもいーじゃないか」と笑う人がいて、正直私もそう思うのだけど(だってあの立て看板を見て「大学を倒そう! 社会を倒そう!」と思った人が何人いたのだろう?)、けど、立て看板くらいも、ゆるせないんだろう。もはや。

所詮立て看板だのなんだの京大生というエリートの遊びだろと思うのだが、それすらゆるされなくなってくのだな、という緩慢とした諦念をいだく。

だってきれいじゃないから。

 

きれいじゃないものは見ないでいいよ、と言われることに慣れていく。

不安は自由の眩暈だと言った人がいたけれど*2、誰かが不安をゆるせないから、自由はなくなってゆく。

不安はぐらぐらしていて、不安定で、秩序がなくて、きたなくて、どろどろしてて、何が飛び出すかわからない。

 

いいことなんかわるいことなんか分からんけど、そうやって私たちは統制されることに慣れてゆくし、まぁ、こうやってなにかに飼い慣らされてゆくのだなぁ、と、ぼんやりと食堂の海藻サラダを食べながら思う午後なのであった。

しかし今日は天気がいいな。

 

f:id:m3-myk:20180521143035j:plain

 

*1:とくに正門あたりは「撤去通告書」しか貼られてなくて、京都市の自転車撤去後と同じ様相を呈している。

*2:キルケゴール先生です。まじ名言だよな